スポンサーリンク

優良企業の見つけ方【ROEと有利子負債】

スポンサーリンク
投資の勉強
スポンサーリンク

前回はROEの推移を見ることで優良企業かどうかを判別する方法を書きました。

今回はROEと有利子負債の両方を見ることで優良企業かどうかを判別する方法を書きます。

 

スポンサーリンク

ROEとは(再掲)

ROE(Return On Equity)は「自己資本利益率」という意味で、企業の自己資本(株主資本)に対する当期純利益の割合を意味します。

つまり、「会社が自己資本をどれだけ有効に活用して利益を上げているか」ということになるので、経営効率を示す指標になり、ROEが高いと効率的な経営をしていることになります。

計算式は以下の形です。

ROE = 当期純利益 ÷ 自己資本 × 100

有利子負債とは

有利子負債とは、銀行などから借りた長期・短期の借入金や、社債などのといった利子のある負債を言います。

これは言わば他人からお金を借りていることになるので他人資本です

 

ROEが高く有利子負債が小さいと優良企業の理由

ROEデュポン分析

では有利子負債が小さいとなぜ良いでしょうか。

そのためにはROEを深く理解する必要があります。

ROEは上の式の右辺に売上高/売上高、総資本/総資本を掛けます。(=1を掛けているのと同じです。)

ROE = (当期純利益/売上高)×(売上高/総資本)×(総資本/自己資本) × 100

このようにすることで、ROEは以下の3つの要素に分解できます。(これをROEデュポン分析と言います。)

①売上高純利益率 = 純利益率÷売上高
②総資産回転率 = 売上高÷総資産
③財務レバレッジ = 総資産÷自己資本

こうすることで、ROEの値が大きい要因を探ることが可能になります。

今回はこの③財務レバレッジに注目します。

有利子負債が小さい=財務レバレッジが効きにくい

財務レバレッジの分子は総資産となっています。

これは自分のお金(純資産)と他人のお金(負債)の合算値になります。

つまり、他人のお金を多く借りれば借りるほど、総資産は大きくなりますので、結果として財務レバレッジが大きくなることになります。

そうすることで、ROEの値は大きくすることが可能になります。

一方で、あまりお金を借りない状況であれば、財務レバレッジが効きにくいので、結果としてROEの値は大きくしにくいです。

 

このことから、有利子負債(他人のお金)が小さいということは、財務レバレッジが効きにくい状態を指しますので、それにもかかわらずROEの値が大きい企業は、効率的な経営をしているので優良企業だと言えます。

有利子負債が0の会社をチェックしよう

以上から、例えば有利子負債が0なのにROEの値が大きい企業を探すと優良企業である確率は上がります。

その代表例として、エムスリー、レーザーテック、任天堂などがあります。

これらの企業はROEが15%以上(一般的に8~10%を超えると優良企業)にも関わらず有利子負債が0です。

実際にこれらの企業の株価はすこぶる堅調です。

このような指標で企業を選定してみてはどうでしょうか。

 

ROEを軸に企業の良し悪しを考えましたが、自分がROEを重要にする理由として「機関投資家だけが知っている「予想」のいらない株式投資法」を参考にしたからです。

この本はROEの重要性について事例を上げて解説しているので、ROEについて深く知りたい方はおすすめなので読んでみてください。

 

それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました